読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参加費1,000円の送金に、現金書留を使ってみる

先日、卓球の試合への参加を申し込みました。その試合の要項によると、所定の申込書に必要事項を記入し、参加費1,000円を添えて現金書留で申し込むように指示があったのです。

「1,000円送金するのに、現金書留を使うの?金額に対して送料が割高だし、送るのも受け取るのも手間がかかるし、効率が悪くないか?」私は一瞬自分の目を疑いました。今どき、送金といえば振り込みが当たり前になっていて、現金書留を使うのはお祝い金や香典を送るときくらいです。しかもそういう目的なら、送金する額は数千円から数万円になります。1,000円といった少額ではありません。
でも確かに、要項には現金書留で参加費と参加申込書を送るように指示があります。疑っても仕方がないので、私はそれに従って申し込むことにしました。
まず郵便局で現金封筒を買いました。費用は21円。次に記入済みの申込書と参加費1,000円を封入します。現金封筒は何重にも封をするようになっていて、しかも封緘の際には割り印が必要になります。この作業がやや面倒です。そして郵便局の窓口で、所定の複写紙に送り主の住所・氏名と送り先の名称を記入して、ようやく発送手続きができました。
送料は512円。封筒代と合わせると533円になるので、送金する金額の半分を超えてしまいます。しかも郵便局の窓口が開いている時間に手続きしなければならないので、何ともコストが割高です。

今までに出た試合は、参加費を事前に銀行口座へ振り込むか、当日に受付で支払うかのどちらかでした。参加する側にとっては、どちらの方法も現金書留ほど面倒ではありません。一方主催者側にとっては、当日払いにすると集金作業の負担が大きくなります。だから参加費を事前に集めたい、とするのもわかります。主催者側と参加者側のどちらの負担を考えても、次回以降は参加費の集金方法を見直してもよいのではないか、と思いました。1,000円の送金に現金書留を利用してみて、いろいろと考えさせられます。

f:id:senaman0214:20161114120643j:plain

子どもはただ今虫歯治療中

息子は2才半、先月から虫歯の治療を始めました。虫歯にさせてしまったことは母親である私の責任だと痛感しています。
なぜこのようなことになってしまったのか、あの時ちゃんと歯磨きをしていたら虫歯になっていなかったと思います。
息子は一歳から市の無料歯科検診に通い始めていたこともあり、虫歯にならないように注意していたつもりでした。歯が生え始めたことは歯磨きも嫌がらなかったので虫歯もなく、一歳半検診の時も虫歯はありませんでした。

それが数ヶ月後の次の検診で虫歯ができていたのです。
4本も。先生に言われた時かなりショックだったのを覚えています。そのころは歯磨きを嫌がり始めたのと、お菓子を食べ始めたのが重なり、今思えば一番虫歯に気を付けなければいけなかったのかもしれません。

虫歯ができたので、先生の勧めで「と銀」という虫歯の進行をおさえる薬も塗りました。
「と銀」を塗ったところは歯が黒くなります。その為、笑うとお歯黒状態になってしまい、息子にかわいそうなことをさせてしまいました。
歯磨きは必ず寝る前にするようにしていまが、素直に歯を磨かせてはもらえず毎回格闘しています。
それからしばらくは落ち着いていたのですが、前回の歯科検診で、「と銀」で押さえられている歯もあれば、虫歯が進んでいる歯もあり、これ以上酷くならないためにも歯医者さんに行くよう言われてました。

さっそく三宮の歯科に息子を連れていき先生とこれからのことを相談し、できる範囲で治療をしていくことになりました。
子どもの歯の治療というのは、先生の質問に答えられる年齢からが望ましいということで本当であれば3歳からと言われています。
「お口を開けて」と言われて口を開けられる。治療ができるポイントというのがこの言葉のようです。
あと、歯医者に言って最初にしたことが、器具で遊ぶこと。大人であればそのまま使える水を出すものや、それを吸いとるもの、すべてが子供にとったら物珍しく恐怖心が出てしまったら何も始められない。ということで、最初は器具で遊ぶところから始めました。

2回目は歯に器具をあてて、実際に虫歯の部分を削ってみました。子どもの虫歯は痛くないのか、親もびっくりするくらい大人しく先生の言う通りにしています。先生もこれなら治療できるかも、ということで少しずつにはなりそうですが、虫歯を治していけたらと思っています。

レジ打ちのパートに応募してみて分かったこと

専業主婦になって10年。そろそろ子供たちも手がかからなくなってきたことだし、パートでもしようかなと思いました。
まずは手始めに家から一番近くにあるスーパーのレジ打ちパートに応募してみました。実は私、学生時代は優秀と言われなかなかの学歴の持ち主です。大学時代も遊ぶこともなくしっかりと勉強したおかげで就職もあっさりと決まりました。
何度もドラマや映画で舞台となっている華やかな世界で働き、私も相当チヤホヤされてこれまたあっさりと結婚、妊娠、専業主婦なんて王道を歩んできたつもりでした。
正直、スーパーのレジ打ちなんてこの私がする仕事ではないけど、やっぱり家から近いのが一番だし、この際仕方ないくらいの気持ちでした。

しかし、受験、就職、結婚、妊娠と順調にきた私は世の中の本当の恐ろしさを全く知らなかったのです。

パートの面接を予約し、ドヤ顔で履歴書を差し出した私にスーパーの店長は一言「何時から何時まで働けますか?」
あら?履歴書の内容スルー???
え?だってこんなにキラキラして・・・いるのに・・・。

店長は更にもう一言「土曜日日曜日は働けますか?」

ようやく私にも分かりました。店長は私がどんな人で何ができる人なのかなんて全く興味がないのです。そんなことよりスーパーの忙しい時間にシ

フトに入れるかどうか、重要なのはそこだけでした。

学歴や職歴が通用しない世界では私は役立たず。私が現実を思い知らされた瞬間です。急速に自信を失った私はそれでもなんとか「子育てを優先しながら子供が学校に行っている時間だけ働きたい」と希望を伝えたところ、店長はあからさまにうんざりとした顔になりました。
その後、ご丁寧に「今回はご期待に沿えず残念です」とお前は必要ないという手紙が家に送られてきました。

この私が必要ないとお断りされた。この事実に打ちのめされた私はもう一度勉強を始めました。あの面接で私の中で働きたいという気持ちがはっきりとしてきました。これから何ができるのかわからないけど、やっぱりもう一度社会の中で輝きたい。何か役に立ちたい。この気持ちを大切に今日も私にできる何かを探しています。

f:id:senaman0214:20161013092350j:plain

エアコンのネット通販

これまでは、近所の量販店で買って取り付け工事を行ってもらっていましたが、今回はネット通販で購入して、そこで取り付けと回収をしてもらいました。購入したサイトは、安さで有名な某量販店のサイトです。

今回購入したエアコンは、標準工事がセットで販売されているものでした。標準工事は、1階に取り付ける場合には追加工事料金がかからないもので、室外機の足につけるブロックもついていました。今回は、1階に取り付けたので、追加で必要だったのはエアコンの回収にかかるリサイクル料と取り外し料金でした。

追加料金の補足ですが、1階でも室外機の場所が離れていれば、その分配線を延長する料金がかかったり、室外機カバーを新たに購入する場合には料金がかかります。今回は10年以上前のものでしたが、室外機カバーはほとんど損傷がなく、そのまま再利用しました。また、新たにエアコンを設置する場合、壁に穴をあける必要があれば追加料金がかかります。

今回設置に来てくれた業者は、手慣れた人でかなりスムーズに設置をしてくれました。近くの人が請け負いで行っているのだと思いますが、親切で良い印象を受けました。量販店で店頭購入した場合でも、同じように請け負いの人が設置に来る場合が多いと思います。ですので、この点では差はないと思います。

ただ一つ今回困ったのは、設置する時間まで指定できなかったことです。日にちまではしていできたのですが、時間は前日に、工事請負業者から連絡がくるまでわかりませんでした。前日まで、設置日の予定を融通がきくようにしなければなりませんでした。ですので、どこまでの指定ができるのかは要チェックです。

ただ、なんといってもネットで買うメリットは価格が安いものを買える点です。そして、在庫がある店からすぐに買えるというのも魅力です。そこと、そのほかの不便さを差し引いてみて自分にとってメリットが大きい方で購入すればいいと思います。ネット通販でも大きな問題が見当たらなかったのは、今回の一番の収穫です。

ポケットWI-FIで機動的にネットを利用

Y!モバイルのポケットWI-FIで、タブレットwindowsノート、macbookをつないで利用しています。ソフマップで契約できて、全てセットアップしてくれました。少しバッテリーのもちが悪いような気がするので、外出に携帯するときは充電の状態を注意しています。

タブレットは外出の際に必ず携帯し、電車の乗換案内や、ニュースのチェック、ユーチューブの動画を観るなどします。radikoでラジオも聴くことができます。
スマホなら一台で済むことですが、タップするのが苦手なのでガラケーを愛用していて、パケット代を節約するために契約も定額制をやめ、携帯ではネットは一切しないことにしています。auですが、無料通話分をパケット代に回すことができて、メールくらいしても料金は安いです。仕事のメールなどですと、メールに記載されたURLからネットにつなぐ必要がある場合もありますが、タブレットGmailへ転送して、タブレットからネットにつなぎます。

ライティングの仕事をする際の一番最初の情報収集もタブレットで行うことが多いです。空いた時間や、寝ころんだ状態で等、どこでも手軽に検索できるからです。ブラウザはやはりChromが使いやすく、必要な情報の掲載されているサイトをすべて立ち上げたままにしておきます。

もともとはMacユーザーでMacbookも持っています。直感的に使えて分かりやすいのでMacは今でも好きなのですが、Macでネットをするとサイトによっては見づらかったり、使い勝手が悪い、場合によってはサイトを利用できないことがあるので、普段はwindowsノートを使っています。

仕事やブログで画像の加工が必要になるときは、macにインストールしてあるPhotoshopを使用します。そのままネットにつないで画像をアップすることもありますし、場合によってはUSBメモリwindowsの方にデータを移して使用します。
ノートPCも持ち運びできるものですし、バッグに入るタブレットとの組み合わせは、機動力があってとても気に入っています。

f:id:senaman0214:20161010085337j:plain

起業するために自分でHP作成をしてみた結果

起業しようと思い、自身のHPを作成して沢山の人に会社を知ってもらう為、簡単なHPを作ってみたものの、問い合わせがなく、アクセス解析などを設置してみた結果、訪問者が全くいないことに気が付きました。

まずは誰かにアクセスしてもらう必要があると思い、異業種交流会等に足を運んで沢山の人たちと名刺交換をした結果、翌日はHPへの訪問者が少し増えましたが、それから数日経つと、またピタッと誰も訪問していないということが分かりました。

次に実践したことは、ブログの開設です。
ブログを更新しながらHPのURLを記載し、あらゆるブロガーにメッセージを送ったりコメントをつけるなどこちらからアクションを起こしてなんとか自分の会社を知ってもらえるようにしてみました。

その結果。
HPの一日の訪問者がゼロという状況は免れましたが、この方法ではやはり常に自分からアクションを起こしていないといけないので相当大変だということに気づきました。

次に、メールマガジンの発刊をはじめました。
しかし、発刊をするにあたり読者がいないと意味が無いことに気づき読者の増やし方も分からず、途方に暮れる日々を送っていました。

最後の手段として、知り合いに連絡をしてHPに訪問してみたところ、営業かいと嫌がられてしまうこともあり、こちらもあまり良い結果になりませんでした。

どうしたら良いのか悩んでいたところ、HP作成会社に依頼して綺麗なHPを作ってもらうことで、SEO対策もしてくれるとのことを知り、お金はかかりますが自己投資だと思い割り切り、思い切ってHP作成会社へ依頼することにしました。

数週間後。確かにHPへの訪問者が増えはじめました。

そして、一ヶ月後にははじめてお客様からのお問合せをいただきました。

HP作成会社に依頼してから1年経ちますが、HPへの訪問者も安定していますし、問い合わせも多くなり、それなりに収入も得られるようになってきました。

利益の出ないうちにHP作成会社に依頼するのは本当に不安だと思いますが、依頼することで結果、後々そのお金を回収できると思うと、早めにHP作成会社へ依頼したほうが良いという結論に至りました。

この記事が、これから起業する方のご参考になれましたら幸いです。

梅雨に負けたので縮毛矯正をかけました

私の髪は遺伝性の天然パーマです。結構根元からチリチリなため苦労しています。いつもはヘアアイロンをかけてしのいでいたのですが、さすがに梅雨の時期になると湿気で髪の毛がどうにもならなくなってきました。暑い中、ヘアアイロンを何分とかけても、湿気に当たれば一瞬で元どおりです。あまりに時間がもったいないし、支度に手間もかかり、髪の毛のダメージもすごいので諦めて縮毛矯正をかけることにしました。

突発的にかけたくなったので、当日でも受け付けてくれるサロンをインターネットで探しました。なるべく予算を抑えたかったので、安めのところでカット付き、ロング料金なし、クレジットカード利用可能というところを選びました。平日でも結構混んでいて空いているところをようやく見つけたのですが、時間を決めて予約をしたあとで、今から準備をしたら予約時間に間に合わなさそうだと気づきました。

間もないうちに慌てて電話をして、10分くらい遅れそうなので時間の変更を出来ないか確認したら、何と混雑のため変更不可能でした。それなら仕方がないかと謝ってキャンセルをして、別のところを予約しました。そちらも大して値段も変わらなかったのでよかったです。

もうこれから縮毛矯正かけてもらうなら、髪の毛もこのままでいいかと支度もそこそこに出かけました。美容室に着くとさっそく液を塗ってもらい、縮毛矯正をかけ始めました。最近は髪が伸びてきたので、下の方はかけないままにしてもらいました。全部ロングなのも憧れますが、ちょっとフワッとした髪型のほうが好きなのと、髪の毛をこれ以上痛めないように根元だけにしてもらいました。

しばらく時間を置いたらシャンプーに掛かったんですが、このシャンプーが恐怖を感じました。まるで人の頭をボールみたいに軽く扱ってきたので、危うくシャンプー台に頭を打つところでした。結構シャンプーの方法によって、してくれる美容師さんの性格や扱いが分かるような気がします。あまりに痛かったので、すみません痛いです……とお願いをしました。

そんなシャンプーが終わり、今度は髪の毛を乾かして定着させるためにヘアアイロンを掛けます。髪の毛の量が多いので大変だろうなと思っています。それからまた液を塗ってる洗い流したら完成です。ヘアドライやスタイリングもしっかりしてくれて、仕上がりは大満足でした。これで楽に梅雨を乗り切ることができます。ただ精算の時にクレジットカードの手数料を引かれてショックでした。

f:id:senaman0214:20160716155824j:plain