読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての傷つきやすい若者のために。

福島から避難していた中学生が同級生からおごりを強要されるといういじめが明らかになりました。 明らかな弱いものいじめですね。

この出来事を受けて、私も思い出すことがあります。中学生の時、うちの学校は給食が無くお弁当持参でした。しかし親が共働きだったため朝の余裕がなく、母がお弁当を作れずパンを買うことが多かったのです。するとある同級生が一言。「◯◯ちゃん(私のこと)のお母さん、お弁当作ってくれないの?いつもパンだよね」と薄ら笑いを浮かべながら意地悪く言ったのです。

当時私は弱くておとなしく、言い返すことが出来ずにただ心が傷つきました。自分を悪く言われるならまだしも、親の悪口なんて言われたくないのですよね。

弱い人に対して傷つけたり、強気に出るという人間は残念ながら存在します。もしいじめを受ける人がいたらそれを思い出して下さい。しかし、意地悪な人間から傷つけられた事がある人というのも無数にいます。いじめられた経験がある人は決して少なくないのです。つまりあなたは一人ではないのです。どうか自信を喪失しないで下さい。

私は大人になってから意地悪だった同級生たちに会うことがありましたが、みんな本人的に満足な暮らしを送っていないようでくすぶっていました。そして今でも誰かを羨み、妬み、意地悪を言っていました。大概の場合いじめっ子は心が満たされていない哀れな人間です。私の周りの意地悪な子も年の離れた妹や弟がいて親の愛情不足だったり、家の経済にゆとりが無い子だったようです。

いじめっ子は改心しない限り幸せになることはないと断言します。罰が当たるものだと思うことが多々あります。

もしいじめられても、安易に自殺などに逃げないで下さい。いつか平穏に過ごせる時がやってきます。私も意地悪な同級生のいる学校を卒業したら、安心感のある暮らしが送れるようになりました。

いじめられた場合の対策として、まずは自分を客観的に見て、自分も悪いと思うところがあれば正しましょう。もし自分に悪いことは一切ないと思ったら堂々としていればよいと思います。

そして、本当に自分を守れるのは自分しかいないという自覚を持って下さい。大人たちを頼るのも限度があります。強くなりましょう。心を強く持ちましょう。

中学生の頃の私は親が働いているからお弁当を作れないということをきちんと説明出来ませんでした。自分の言葉でハッキリと言い返し、気にしないようにすれば傷は浅く済んだかも知れないと思います。

どうしても、いじめが止まらない場合、学校を休んだり転校したりして自分の身を守るのもアリです。そして、趣味に没頭したり、信頼できる友人や家族と過ごしたりして自分を癒してください。

どうか、全国のいじめられっ子が負けないように。いじめられる暮らしから脱却できるように。アラフォーのおばさんは祈っています。

地味な薬剤師の日常を変えたいと感じる薬剤師

医療業界の中で地味度が高い職種、薬剤師。
世間では不要論もちらほら出ています。
実際、有資格者なのでそれなりのお給料をもらっていますが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?
20年以上薬剤師を生業にしてきた私でもそう感じることがあります。
『薬剤師が居なくても問題ない』
そう、『今の薬剤師(全てのではありませんが)』はそうかも知れません。
医薬分業の体制が社会に浸透し、調剤薬局でお薬をもらうという事が普通になっている現在、それと同じ歩幅で薬剤師も成長してゆければ良かったのですが、少し遅れを取ってしまっています。
薬剤師だけの責任とは言いたくないですが。
どうすれば良いのだろう。
日々考え、数年経過しています。

これを考えるきっかけになったのがアメリカでの研修。むこうの薬剤師さんって守備範囲すごく広いんです。その分、社会からの信頼も厚いんですね。
日本の薬剤師もそんな風に社会から認めてもらい、貢献出来ればと思います。
では、それにはどうすれば良いか?
現場で日々、業務をこなしているイチ薬剤師として感じることは、『薬剤師の意識改革』これです。

処方箋の薬を調剤・投薬し、在庫を見てコツコツ整理する。
それだけ。
もっともっと活躍出来ることあると思う、もっとアピール出来ることあると思う・・・。
そう感じます。
じゃ、どうすればいいの?
毎日忙しいのに出来ない!
・・・・そうですよね。毎日暇をもてあましてるわけではないので。
それを解決して、患者さんにも薬剤師にもウィンな薬剤師の現場を作りたいです。

地元大阪でも薬剤師の求人はいつも多いですが、優秀な薬剤師さんが多数、誕生する事を願っています。

f:id:senaman0214:20170205190443p:plain

賃貸アパートでの一人暮らし経験

独身のとき(20代)に一度だけ賃貸アパートで一人暮らしをしたことがあります。もともと学生のときはずっと実家暮らしだったのですが、兄も姉もそれぞれ学生時代一人暮らしをしていた経験があったため、単純に羨ましいなー、私も一度は一人暮らししてみたいな…という憧れのようなものがありました。

しかし学生時代は自宅から通える大学だったためもちろん一人暮らしはできず、社会人になり2年ほどしてある程度収入も落ち着いてきて、自分の給料でアパートの家賃を払えそうだと判断し、一人暮らしに踏み切りました。アパートは何件か見に行きましたが、最終的には築浅の女性専用のアパートに入居しました。なんだかんだで、アパートを探しているときが一番楽しかったような気もします。でも、色々見に行ったものの、やはり最終的には直感というピンときた部屋に決めました。家賃は本来の予算よりはほんの少しオーバーしていましたが、でも安ければいいというものでもないという気持ちはあったので、結果的には良かったと思います。

そのアパートは、女性専用ということもあって安心感もありましたし、オーナーさんが1階に住んでいてとてもいい感じの人だったので、安心して住むことができました。なんとなくですがオーナーさんが1階に住んでいるということで防犯面も安心かな、という気持ちはありました。また、駐車場も屋根つきでしたので雨の日も濡れずに家に入れるというのは大きなメリットでした。
結局2年ほどそのアパートに住んだのですが、転職し収入がダウンしたのをきっかけに実家に戻りました。その後1年ほどで結婚したのですが、今でもあの一人暮らしの生活は気楽で楽しかったなぁと思います。家賃を自分で払って自立した生活ができているというのも、自分は一人前の社会人になったんだなぁという気がしましたし。私には小学生の子供が2人いますが、将来賃貸アパートで一人暮らしをしたいと言われたらさせるだろうなと思います。

f:id:senaman0214:20161227223553j:plain

シックハウス症候群の原因と対策

#化学物質
シックハウス症候群の原因として一番取り上げられるのが、建材から放たれ室内の空気を汚染する化学物質です。
これらは総称してVOC(Volatile Organic Compounds、揮発性有機化合物)と呼ばれ、私達が生活している常温の環境でも、徐々に空気に溶け込んでくるものです。
ホルムアルデヒドトルエン、キシレンベンゼンなどが挙げられ、個々の物質ごとに厚生労働省で濃度の指針値を定めています。

#ダニ
ダニは全世界で2万種近い種が存在すると言われる動物の総称であり、その多くは小型の形態を持っています。
1mmを下回る大きさで目視出来ない種も多いです。様々な生態があり、生息地も多種多様です。
人に噛みつくことで危害を与える種はそう多くないですが家の中にも多くのダニは住み着きます。
カーペットや布団などにも生息しており、それらをすべて駆逐するというのは現実的には不可能でしょう。
シックハウス症候群との関連性が高いのは、カビの胞子や人のフケなどを食べて繁殖するチリダニです。
フンや抜け殻などがアレルギーの原因になります。

#カビ
カビもまた多くの種があり、中には生活に有効に利用されているものもありますが、当然人体の健康に影響を与える有害なものもあります。直接的な影響もそうですが、カビの胞子は前述のダニの餌にもなるので、カビが発生しやすい環境はシックハウス症候群に大きく影響します。
タイルの目地や食品に発生する他、種によっては畳やカーペットといった比較的湿度が低い環境でも育ちます。

シックハウス症候群の対策としてホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制などが行われております。

宅配便の仕分けの仕事の良い面について

私は今年の8月から派遣会社経由で宅配便の仕分けの仕事がほとんどですが、多大な体力を要する肉体労働で、女性にとってはこの仕事はきつい面があります。
しかしこのようにきつい仕事でもよい面はたくさんあります。

まず、個人プレーでレジの仕事のように自分のテリトリーが定められているので、自分のペースで仕事ができて、周りの人たちに気を遣う必要はありません。
周りの人たちに監視されているという精神的なストレスもありません。
多少ペースが遅くても番号の間違えさえなければOKという具合です。
ペースが遅かったり荷物の量が多くなると、社員の人が手伝いにきてくれるので、とにかく誤仕分けのないように常に自分のペースを崩さないようにしています。
肉体的にはきついですが、精神的には楽です。

肉体疲労ならば休息や睡眠ですぐに解決できるが、精神的な疲労は後々にも影響してすぐには解決できません。
メリットは他にもあります。とにかく重たいものを扱うきつい肉体労働なので非常に多くのカロリーを消費します。
スポーツクラブに通うよりもはるかに多いです。
スポーツクラブでこのぐらいのカロリーを消費するならば、エアロビクスのレッスンを最低4本前後受ける必要があります。現実問題として1日に4本も受けるのはなかなか難しいですし、少し疲れを感じるとすぐに妥協してしまいます。

かといって単調なエアロバイクやランニングマシンを長い間行うのはとても負担です。そのことを考えると多大なカロリーを消費しながらお金儲けができるという二重のメリットを兼ね備えている宅配便の仕分けの仕事はほんとうに救世主です。特に最近は荷物の量が増えてきて本当に忙しいので、必然的に消費カロリーは増えます。精神的にも肉体的にも疲労度は大きいですが、その分消費カロリーも多くなるといううれしい面も発生することも忘れないようにしたいものです。

そして消費カロリーだけでなく、重たいものを扱うので筋力トレーニングにもなります。
20kg以上の荷物を扱う機会は多いです。とにかくこの仕事のおかげで重たいものを持てるようになりました。
このようにきつい肉体労働で時折くじけそうになりますが、自分のペースを守ることができ、多くのカロリーを消費できて筋力向上にも貢献してくれる宅配便の仕分けの仕事をこれからも長く続けていきたいと思います。

f:id:senaman0214:20161212220946p:plain

虫歯を予防するための健診

歯の健康は歯科医院でチェックをしてもらうことによって守られると思います。
自覚症状が出ている場合には、虫歯も進行をしていることが多いです。
虫歯も初期の段階であれば、すぐに治療が完了しますし、痛みも生じないことが多いので、ストレスに感じることもないと思います。
今は虫歯治療もかなりスムーズに終わらせることが出来るようになっていますし、治療の際の痛みもほぼ感じることもなくなっています。

症状が出てから、またひどくなってからの治療になると時間もかかってしまいますし、痛みも生じることがあります。
進行をしてしまえば、神経を抜くなどの大がかりな治療を行わなければいけなくなります。

特に子供の場合には虫歯の治療に抵抗を感じることもあるでしょう。
神経を抜くともなれば、かなり大変です。
ストレスも多くかかってしまいます。

そうならないためには、定期的な健診を受けることが第一です。
何もなければそれでいいですし、歯のクリーニングをしてもらって終わらせることも出来ます。
自分では気付かなかったような初期の虫歯もすぐに治療してもらえることもあるでしょう。

また虫歯には体質も関係しているようです。
虫歯が出来やすい人もいれば、出来にくい人もいます。
生まれ持ったものも関係をしているようですが、自分は虫歯が出来にくいからと言って油断をしていてはいけません。
キチンとチェックを受けて異常がないのかどうかということを確認しておくことは必要です。

今の歯科医院は設備も整っていますし、衛生面でも管理が行き届いているので安心をすることが出来ます。
何かあってから受診をするということもあるかもしれませんが、それでは遅いということもあります。
面倒でも定期健診を受けて、歯の健康を維持することを考えてみたほうがよいでしょう。

姫路の歯科医院の中にも定期的な健診を受けることが出来るところと、何かあってから予約をするところがあるので、できるだけ定期健診を受けることが出来るクリニックを選んだほうがよいです。

参加費1,000円の送金に、現金書留を使ってみる

先日、卓球の試合への参加を申し込みました。その試合の要項によると、所定の申込書に必要事項を記入し、参加費1,000円を添えて現金書留で申し込むように指示があったのです。

「1,000円送金するのに、現金書留を使うの?金額に対して送料が割高だし、送るのも受け取るのも手間がかかるし、効率が悪くないか?」私は一瞬自分の目を疑いました。今どき、送金といえば振り込みが当たり前になっていて、現金書留を使うのはお祝い金や香典を送るときくらいです。しかもそういう目的なら、送金する額は数千円から数万円になります。1,000円といった少額ではありません。
でも確かに、要項には現金書留で参加費と参加申込書を送るように指示があります。疑っても仕方がないので、私はそれに従って申し込むことにしました。
まず郵便局で現金封筒を買いました。費用は21円。次に記入済みの申込書と参加費1,000円を封入します。現金封筒は何重にも封をするようになっていて、しかも封緘の際には割り印が必要になります。この作業がやや面倒です。そして郵便局の窓口で、所定の複写紙に送り主の住所・氏名と送り先の名称を記入して、ようやく発送手続きができました。
送料は512円。封筒代と合わせると533円になるので、送金する金額の半分を超えてしまいます。しかも郵便局の窓口が開いている時間に手続きしなければならないので、何ともコストが割高です。

今までに出た試合は、参加費を事前に銀行口座へ振り込むか、当日に受付で支払うかのどちらかでした。参加する側にとっては、どちらの方法も現金書留ほど面倒ではありません。一方主催者側にとっては、当日払いにすると集金作業の負担が大きくなります。だから参加費を事前に集めたい、とするのもわかります。主催者側と参加者側のどちらの負担を考えても、次回以降は参加費の集金方法を見直してもよいのではないか、と思いました。1,000円の送金に現金書留を利用してみて、いろいろと考えさせられます。

f:id:senaman0214:20161114120643j:plain